8・12・16・24chチップ方式自動分注希釈装置

スタッカー標準装備8・12・16・24chチップ方式自動分注希釈装置

BISTEQUE 307

新製品

スタッカー標準装備 8/12/16/24ch
チップ方式自動分注希釈装置




全国2,000台以上の導入実績で培った豊富なノウハウを凝縮

エムエステクノスは自動分注装置の企画・デザインから開発・製造まで、全ての工程を自社生産出来る国内自動分注装置メーカーです。全国の臨床検査センターで長年ご愛用いただいている8/12ch自動分注希釈装置のOEM販売をはじめ、弊社が導入した自動分注希釈装置は国内だけでも2,000台を遥かに超えています。その中で長年培ってきた豊富なノウハウを、このBISTEQUE 307には余すところなく盛り込んであります。

特徴

  • 凝集法・ELISA法によるHIV・HCV・TPなどのウイルス検査に最適
  • 試薬分注・希釈系列の作成を全自動で行います。またスタッカーが標準装備ですので複数のチップラックとプレートを連続処理します。
  • 液面センサーの使用により、常に一定の位置より試料を吸引します。また試料の残量を検知して自動補給を行います。

試薬自動供給器
  • オプションの試薬自動供給器には、ボトル内の試薬を撹拌するためのマグネットスターラーが付いております。沈殿物を含む溶液の自動供給に最適です。

分注ヘッド自動旋回機構
  • 分注ヘッド自動旋回機構により、8/12ch、16/24chの切り替えを自動で行います。これによりチップラックやプレートの縦置き横置きを気にしないでご使用いただけます。

チップ装着確認機能
  • オプションのチップ装着確認機能でチップが正確に装着・廃棄されているかを確認します。誤動作を未然に防止いたします。



リザーバー
  • リザーバー置き場には標準の3槽リザーバー(50mℓ×2個、30mℓ×1個)の他に、オプションの大型液槽(150mℓ)が設置可能です。

リザーバー置き場
  • リザーバー置き場を引き抜くと、市販のSBS規格のリザーバーや、チューブラックなども縦置き横置きの両方向でご使用いただけます。

制御方法
  • LCDカラータッチパネルでの制御を採用いたしました。制御用にPC本体を購入していただく必要はございません。

リザーバー内試薬撹拌機能
  • オプションのリザーバー内試薬撹拌機能では一番奥のリザーバー内の試薬をスターラーにより左右に撹拌します。血球などの沈殿する溶液に最適です。また大型液槽(150mℓ)にもリザーバー内試薬撹拌機能は対応しております。

チップ廃棄BOX
  • 使用済みのチップはチップラックに戻すか、こちらのチップ廃棄BOXに廃棄するかを選択可能です。また、オプションでチップを機外へ廃棄する為のチップ機外廃棄シューターもご用意しております。

仕様

分注ヘッド 8/12ch(96/384に対応) 16/24ch(384/1536に対応) 自動旋回機構
分注容量  8/12ch … 5 〜 300μl (0.1μl 可変)
16/24ch … 1 〜  40μl (0.1μl 可変)
分注方式 ディスポーザブルチップ式エアーディスプレスメント方式
分注速度 分注 20秒/1プレート (25μl・非接触分注)
希釈 35秒/1プレート (25μl・8管希釈)
分注精度 CV2%未満 (25μl分注時)
プログラム設定数 単体プログラム:計96個 複合プログラム:計56個
スタッカー搭載枚数 20枚(マイクロウェルプレート) 6枚(ディープウェルプレート)
5個(チップラック)
試薬槽 標準試薬槽(30mL×1、50mL×2)
SBS規格の容器(縦・横方向どちらでも設置可能)
本体寸法 650(W)×486(D)×584(H)
本体重量 約50kg
消費電力 AC100V 50/60Hz 200VA

オプション

  • リザーバー内試薬攪拌機能
  • チップ装着確認機能
  • 試薬自動供給器(ボトル内スターラー付)
  • チップ機外廃棄シューター
  • 大型試薬槽(150mL)
  • バーコードリーダー

構成

BISTEQUE 307本体 1台 液面センサー 1個
電源コード 1本 取扱説明書 1冊
標準試薬槽(30mL×1、50mL×2) 1式 保証書 1部

※この製品の仕様・外観は、改良のため予告なく変更する場合がございます。
※システムの性能維持のため、定期的な点検、保守契約をおすすめいたします。