分注装置とは

分注装置の構成

分注装置は、リキッドハンドリング部、ヘッドやプレートを移動させる搬送部とこれらを制御するマイクロコンピュータで構成されています。

分注装置の用途

DNA鑑定や遺伝子発現解析では、分注装置がサンプルの複製や試薬の調整などに利用されています。

分注装置の特徴

分注装置の第一の特徴は、人間が行うことのできない程の多量の作業を高速に行うことができることです。

分注装置のシステムと構成例

分注装置は、各種装置と組み合わされ全体の操作を自動化し効率を上げることで、ゲノム、創薬、臨床試験の分野で重要な役割を果たしています。

ゲノムと分注装置

ゲノムの解析には試料を大量に増やす作業が必要で、分注装置が単純で多量の作業を確実に行います。

創薬と分注装置

創薬には薬の基となるリード化合物の選定が必要です。大量の候補物質のスクリーニング作業に分注装置は欠かせません。

DNAと分注装置

DNA鑑定や遺伝子発現解析では、分注装置がサンプルの複製や試薬の調整などに利用されています。

臨床検査と分注装置

臨床検査のうち被験者から取り出された検体を調べる検体検査に分注装置が活用されています。