分注装置とは

ゲノムと分注装置
生物の持つ全遺伝子情報をゲノムと呼んでいます。 細菌のような簡単な生物でも遺伝子が数百もあり、その遺伝子情報は数十万字にもなります。製薬などの応用に期待がかかるこの分野の研究には、膨大なデータを取り扱えるコンピュータによる解析が不可欠で、バイオインフォマティクスと呼ばれています。 また、効率よく解析が進まなければ、30億とも言われる人間などの巨大なゲノムや多数の生物のゲノムを解析することはできません。そこで、ハイ・スループット=高い処理能力が装置には求められます。
ヒトゲノム計画

ヒトゲノム計画はヒトのゲノムを解析するプロジェクトです。(2003年4月14日完了)この計画がうまくいく鍵となったのはショットガン・シークエンシング法をよばれる解析法です。

遺伝子情報はATGCの4文字の組み合わせで表されます。しかし、この組み合わせは非常に大きく一度には解析できません。 そこで、解析できる数百から数千の組み合わせに、ランダムに切り分けます。

ランダムに切り分けたDNAはベクターとよばれる特殊なDNAに組み込まれ、大腸菌などを利用して、大量に培養します(クローニング)。 このとき培養液の分注や菌を植え付けるのに分注機が利用されます。

この後、DNAは読み取られ、ランダムに切り分けた部分をコンピュータを使って集計し、つなぎ合わせて、全体を解読します。

その他のゲノム計画
ヒトゲノム計画は数あるゲノム解析計画の一つで、イネ、酵母、マウスやショウジョウバエなどのゲノムを解析する計画がいくつも存在し、 生物学や医療、農業への貢献が期待され、研究が盛んに行われています。これらの研究施設では、分注装置が活躍しています。