分注装置とは

分注装置の構成
分注装置は、試料・試薬を高速に高精度で一定量各ウェルに送るリキッドハンドリング系、ノズルのついたヘッドやプレートの移動を行う搬送系とこれらを制御するコントローラーで構成されています。
リキッドハンドリング
ポンプ、チューブ(配管)、ノズル(チップ)までの液体を操作する部分で分注装置の性能を左右する部分です。
ポンプは少量を高速に高精度で処理できるプランジャーポンプがよく使われています。分注精度を表すには、AC(正確度)とCV(変動係数:標準偏差を平均で割ったもの)が用いられます。ACは絶対精度を見る指標で、CVは繰り返しの精度を判定する指標です。CVだけがよくても、定量分析には向かないこともあります。
1ch、8ch、12ch、24ch、96ch、384chの装置があります。
搬送
プレートの搬送は通常、供給と排出だけの1方向です。プレートの搬送装置のない、手動の分注機もあります。
ヘッドはチャンネル数と対応するウェルプレートの穴の数によって、XYの制御が必要になります。さらに、分注機の機能によって、Z軸の制御も行われます。
コントローラー
リキッドハンドリングや搬送はコントローラーで制御されています。ノズルの制御は、分注だけでなく、希釈・撹拌・ノズル洗浄などの分注装置の機能によって、複雑さがまします。より複雑な分注装置では、ノズルの移動と組み合わせて行う機能やスタッカーを備えたシステムもあります。
その他
エリアと呼ばれるステージがいくつもある分注装置では、各エリアで、チップの自動交換、洗浄ができる。また、穴数の違うプレートへのトランスファー、試薬槽の設置や固相抽出の行える分注装置もあります。