分注装置とは

分注装置の用途
分注装置は生物学、化学、医療の分野で、非常に多く使用されています。特に、ゲノム、創薬、DNA、臨床試験の分野では多くの分注装置が稼働しています。近年、ハイスループットスクリーニングによる処理のスピードアップが注目をあび、ますます、需要が高まっています。
ゲノム
マウス、ショウジョウバエ、酵母、線虫などのモデル生物のDNA配列解析/ゲノムの研究、ゲノミクスからさらに、遺伝子の転写物を研究するトランスクリプトーム、タンパク質を研究するプロテオームへ/ショットガンシークエンシング法/PCR法
創薬
ハイスループットスクリーニング/有用細菌のスクリーニング/コンビナトリアル化学/毒性試験
DNA
DNA鑑定/法医学的DNA鑑定/動物の血統/生物進化の過程/微生物の同定/遺伝子組換え農産物/遺伝子発現解析
臨床試験
検体検査(血液、糞便、免疫分析、抗体反応)/ウィルス検査/食中毒時の食品検査/遺伝子多型(SNP)タイピング研究